歌野晶午

書籍雑記

4冊目|葉桜の季節に君を想うということ(著:歌野晶午)

歌野晶午の「葉桜の季節に君を想うということ」を紹介します。2004年のミステリ系の賞をたくさん獲ってるので、ご存知の方も多いかも。まだの方、是非ご一読を。最後に「ええええー!」って声を出して驚いたミステリです。メインの謎は保険金詐欺。
タイトルとURLをコピーしました