妄想の函

妄想の函

ソロモンの災難

 油断した。  まさかあの短い詠唱が終わる前に殴られるとは思わなかったし、僕よりずっと小柄な、しかも人間の女の子のパンチで魔法陣の外までふっ飛ばされることは予測してなかった。  僕は数百年ぶりに情けなく、地面に尻をつけ...
妄想の函

ルシファーの逡巡

 書店を出たルシファーは、足を止め、訝し気に眉を寄せた。 (一体、何事だ……?)  視界にいるあらゆる悪魔たちが、熱望するような目で同じ方向を見つめている。  下級悪魔たちは、だらしなく口を開け、だらだらとよだれ...
タイトルとURLをコピーしました