赤のエースの好きなもの   赤の兵舎・執務室にて


ゼロBD2020 カウントダウン   〜ゼロのお誕生日まで、あと5日〜


 クレイドルの短い夏が惜しまれながら過ぎてゆく。

 誰もが心の片隅に、ほんのりとした寂しさを感じてしまう季節。

 ランスロットは、窓の外を眺めていた視線をヨナに戻した。

 今、赤の兵舎の執務室には数の大きい幹部が集まっていて、ヨナはその中心で熱弁を奮っている。

「だって彼は正真正銘赤の幹部なんだよ?ホールを貸し切って盛大にするべきだ」

「だけどなー、本人が気が進まないって言ってんだろー?それじゃ本末転倒じゃねーか?」

 カイルにやんわりといなされて、ヨナが悔しそうに唇を噛んだ。

「だけど、彼は幹部なのに……そんなんだからっ」

 ヨナの言いたいことは皆わかっている。

 赤の軍は原則として世襲制だ。深紅の血統を持たないゼロが赤のエースになったのは、異例中の異例だった。それが、ゼロをひどく難しい立場にしている。

 彼が赤のエースに着任したのはランスロットの判断だ。

 着任当初はともかく、現在では幹部はもちろんのこと、一般兵士もほぼ全員が彼を赤のエースとして認めている。軍内部で異を唱えるのは、何も知らない新兵や、まだゼロとの縁が浅い一般兵士ぐらいだ。

 武人であれば、彼の剣の腕を見れば、誰もが納得せざるを得なかった。

 しかしこれが剣を知らない領民となると、ちょっと厄介だった。

 どのような事情があろうと例外を嫌う人間はどこにでもいる。「現在の赤のエースが深紅の血統ではないこと」に不満を持つ有力者が数名。そしてその取り巻きたち。

 彼らはことあるごとに、「苦言」と称して、ゼロが赤のエースであることに不満を唱える。

 主に矢面に立つのはキングであるランスロットで、彼はただ受け流していたし、他の幹部たちも適当にあしらっていた。

 本当は、大して事情も知らない外部の人間が、共に戦う仲間を貶すのを聞くのは、不愉快極まりなかったけれど。

 そもそもゼロ本人が持つ「不必要な遠慮」が彼らに付け入る隙を与えているのも事実だった。 

「ヨナ、お前がゼロの誕生日を祝いたい気持ちはよくわかった。しかしカイルの言う通り、本人の望まない形で祝っても仕方がなかろう」

「我が主人、でも……」

 ヨナがまだ何か言い募ろうとした。

 いつもならランスロットの叱責が飛ぶところだが、ランスロットの表情は穏やかなままだった。

「ヨナ、お前の気持ちはわかっている」

 ヨナはくやしそうな表情のまま、黙り込んだ。

 ランスロットの言葉通り、おそらくはこの場にいる皆がヨナと同じ気持ちを共有していた。

 彼は壮絶な努力の末、誰にも文句を言わせない実力で、赤のエースの座を掴み取ったのだから、赤のエースとして、堂々と祝えば良い。

 それなのに、彼は赤のエースとして表舞台に立つのを避けようとする。

 幹部たちはただ、歯痒い気持ちを飲み込んだのだった。

 これは、ゼロ本人にしか解決できない問題だとわかっていたから。

 公正さを愛する潔癖なヨナには、なかなか耐えがたい状態だろう。

 だが、それでも。

 ランスロットは気を取り直すようにエドガーに向き直った

「エドガー」

「はい」

「何か良い方法でゼロの誕生日を祝う場を設けてくれ。今年は祝うぐらいは許してくれるだろう」

「承知いたしました」

 エドガーは、いつもと変わらない笑顔で答えた。

 だが、それでも。

 一人の女の子と出会ってから、ゼロは変わった。これからも、きっと変わっていく。

 だから、ランスロットもエドガーも見守っている。もう少し待ってみようと思っている。 

 これが、今からひと月程前の出来事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました