二次創作

妄想してみた

青空と 第一話

 初夏の眩しい日差しの中、セントラル地区のメインストリートの脇に大勢の人々が並んでいた。誰もが興奮した顔で、赤い旗と黒い旗を一本ずつ持っている。 「来たぞ!」  誰かの声をきっかけに、わっと歓声が上がった。  ま...
妄想してみた

春待つ日々

 春はもう近くまで来ているはずなのに、これっぽっちも気配は感じられないような、寒い日々が続いている。  リコスと暮らすようになってからそろそろ1ヶ月になる。ゼロはエドガーの勧めに従って、リコスを獣医に診てもらった。非常に健康...
妄想してみた

元気のもと

赤のエースで妄想してみた その8 元気のもと  緑が初夏の風に乗って薫る。  ゼロは木陰に体を投げ出すようにして横になった。  冷たい芝生が、心地いい。  赤の兵舎のキッチンから続くハーブ園の裏。こ...
妄想してみた

素敵な朝

赤のエースで妄想してみた その7 素敵な朝  指先が、くすぐったい。 (……ゼロ……?)  まだ眠たい目をゆっくり開けると、シーツの上に伸ばされたアンリの指を、リコスが鼻先でつついていた。  目が合...
妄想してみた

幸せな朝 2

赤のエースで妄想してみた その6  幸せな朝 2 細雪さんの素敵絵と素敵ツイートに刺激されて妄想が止まらなくなった時のSS
妄想してみた

幸せな朝

赤のエースで妄想してみた その5 幸せな朝  温かい、を通り越して、なんだか暑い。  ゼロは息苦しさを感じて身動ぎしようとした。  それなのに、体が全く動かない。体の自由が効かない、この感覚はずっと昔に覚...
妄想してみた

調教師とわたし

赤のキングで妄想してみた その3 天使or悪魔イベント補完ショート  もう春はすぐそこだというのに、風が寒そうな音を立てて窓を叩く。  消灯後、シンシアはランスロットのリクエストでジンジャーミルクティーを届け、...
妄想してみた

二人で紅茶を、ゆっくりと

赤のエースで妄想してみた その4 イケレボ お茶会本編応援CP 補完ショート  やっと日差しが春めいてきた、麗かな昼下がり。  アンリがブランに呼ばれて彼の家に行くと、珍しい客がいた。 「こんにちは、ムー...
妄想してみた

困らせたいの   ハートのA編

赤のエースで妄想してみた その3 天使&悪魔イベント補完ショート  後編  アンリはとっさに、トランプの束の一番上のカードを取り出し、確認せずにゼロの制服のポケットに入れていた。だから、自分がどのカードをポケットに入...
妄想してみた

困らせたいの    スペードのA 編

赤のエースで妄想してみた その3 天使&悪魔イベント補完ショート 後編  ゼロが書類と上着を持って部屋を出ていってからすぐに、アンリは執務室に入る時はちゃんと上着を着ていなくてはならないことを思い出した。  ト...
タイトルとURLをコピーしました